二分脊椎&先天性側彎症・治療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 装具が合わなくなりました

<<   作成日時 : 2010/11/18 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ数ヶ月、装具の不調を訴えていたナツ。

今使用している装具は10歳の時に作ったもので、相当小さいです。
でも身長・体重共にあまり成長が見られないので、ずっとそのまま使用してました。
が、ここ数ヶ月は腰周りのプラスティック部分が合わなくなってきて、痣が出来る始末。
なので7月に受診した際、当たる部分を少し広げて貰って様子を見てましたが、今回は歩くのも辛いと言い出しました。

その時点で取り合えず疑ったのが、

・ 装具が合わない
・ ロッドのスクリュー外れ


でも痛む場所は、脇腹に近い腰。
要するに腰骨辺りですね。
なので、多分装具が合っていないせいで、その部分に負担がかかり痛みが出ているのでは、と判断。
そのため病院に連絡してみました。

ですが、忙しいと医師に電話を取り次いで頂けないんですね…。
ナースに物凄く迷惑そうにされてしまいました…ぐすん。
1週間後以降で予約を取ります、と言われたんですが、今現在歩くだけで痛いと訴えているナツ。
待てるはずもなく、「明日の外来でお願いできませんか? とても痛がっているので」
と食い下がると、深い溜息の後、「わかりました、では明日で」と。
で、本日の側湾外来にねじ込んで貰い受診しました。


やはり装具が合わない様なので、作り直す事になりました。
が、今日型取りして仮合わせが12月2日。
出来上がるのが12月9日。

…………それまでどうしろと? <(−−;)>


当たっているプラスティック部分は調整がほぼ無理で、広げて貰うにも限界が。
で、多少広げて貰って着けている今もやはり痛いらしく、そろそろと歩いてます。
24時間着けっ放しでいるナツとしては、外している方が怖いらしく、外して学校なんてとんでもない!と言うし。
どうしたらいいものかと、私が一番悩んでます。


ナツも、なんでそこまでなるまで痛みを我慢したのか、全然わかんないんですが(−−#
病院の対応もイマイチでしたが、ナツにも不満が残る私。


自分の身体なんだから、もっとメンテナンスに気を配って欲しいなぁ、と。
もう中学生だし、そろそろ自分で病気についての理解も深めて、今後の事も考えていって欲しい。
一生付き合わないといけない病気なんだし、このままずっと私たち家族が傍に居られる訳ではないしね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
装具が合わなくなりました 二分脊椎&先天性側彎症・治療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる