二分脊椎&先天性側彎症・治療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳外科・定期健診

<<   作成日時 : 2008/12/17 13:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月15日、二分脊椎・脊髄空洞症の定期健診でした。
またまた下の子が発熱と咳が酷く、おばあちゃんの付き添いで行って貰いました。


整形外科の手術の都合で(ロッドがMRI対応じゃな〜い)MRIできなくなっているので、問診のみです。
脳外科での心配事というと二つ。


・二分脊椎手術をした影響による、脊髄繋留症候群
・空洞症の病変の変化



繋留症候群は、手術した部分から下が成長に伴い引っ張られて引っ張られた神経が麻痺しちゃう状態。
空洞症は空洞部分が広がり、脊髄を圧迫するとやはり麻痺が出ちゃう状態


でもどちらもMRIできないと詳しい状態はわからないんだよね。
しかたないので膝とかコンコンしたりで神経の状況を見るのみ
とりあえずナツが自分で感じる違和感なんかがなければ、特に検査はしません。
で、問診上は異常なしとの事でした。

左足が靴を履きにくいと言っていたので、足の変形とか麻痺を疑って質問しましたが、そちらも問題なし
足のサイズが左右で微妙に違うようで、そのせいみたいです。

そんな訳で、次回受診は夏頃に予約する予定です。



ここで、ちょっと余談。
前回の受診から1年以上経過しちゃってて、もうすっかり懐かしい雰囲気すらある脳外科。
先生とは時々病院内で顔を合わせて立ち話する程度になってるナツですが。


じつは、脳外科の主治医の先生も好き

優しい雰囲気でゆったりお話する先生で、私も好きです。
ただ話しやすい雰囲気が災いして(先生的にね)、私やおばあちゃんにめっちゃツッコまれちゃったりしてます。
いやぁ、言いやすい言いやすい
……文句(爆弾発言

つい我侭言っても聞いてくれちゃいそうな雰囲気あるので、他の先生に理不尽な対応された時とかは先生にめっちゃ文句言いに言っちゃってました(すいません、先生;)
最近は偉くなっちゃって、なかなかお会いできないけれども、いつもニコニコしていい感じです。

そうそう、小児外科の先生もまた優しい先生です。

ナツは先生には恵まれてるな〜って思う。
親としてはホント感謝ですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳外科・定期健診 二分脊椎&先天性側彎症・治療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる