抜糸と装具合わせ

5月2日に抜糸をしました。

もう何度も開いているので一部傷の治りが悪いです。
その部分は何度もカサブタになっては剥がれ、またカサブタに…。
これが延々続きます。

ちなみに上から下まで開けたので、今回かなり縫いました。
抜糸の際、上の方は感覚が鈍くなっていてあまり感じないそう。
下の方は痛かったらしいです。


それと装具の仮合わせをしました。
こちらは矯正きつめで着けると痛い場所が何ヵ所か。
でもそこは矯正に必要らしく我慢するのみ。

まぁしょうがない部分ですね。



5月9日に装具完成で外来へ。

装具装着と外した時のレントゲンを撮りました。
特に角度の変化は見られなかったのか、それについての話はなし。


一応装具は今後半年着用して経過観察です。
角度に変化がなければそこで装具は終了。
変化が出てきた場合は最終固定術をするかも、との事です。


このまま変化がなければいいなぁ…と切に思います。



装具の費用ですが、保険組合にて助成があります。
これを申請すると七割くらい戻ってきます。

その後市の自立支援の受給券を使用して、残りの自己負担金も
ある程度まで助成されます。

多分自己負担金は数万で済むはず。


皆さんも貰い損ねないように、しっかり手続きしてくださいね!

この記事へのコメント