二分脊椎&先天性側彎症・治療日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 延長手術2回目・報告

<<   作成日時 : 2007/09/14 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2回目の延長手術が無事終了しました☆


今回は手術日前日に入院。
前日はフォトセンターで術前の写真撮影と胸部レントゲン(骨じゃなくて肺ね)。
それと入院に関する徹好きの書類とか手術に関する同意書一杯にサイン。
これ毎回の事だけに、かなり面倒。
同意しないなら入院も手術もしないってば、とか心の中でツッコミつつ、サイン。
それだけで疲れた;
その後麻酔科の医師の説明と同意書のサイン。
今回は詳しく説明してくれたから、分かりやすかった。

それ以外は特にすることもなくて、ず〜っと二人でぶらぶらしたりして過ごした。

この日は前日なので、21時から絶飲食。
前回は0時まで飲み物はOKだったんで、ナツはかなり不満タラタラだった;



手術当日。
朝は7時30分までに来るように、との事で5時30分起きでした…;
病院に到着すると、夜なかなか寝れなかったとの事で、ナツは爆睡中。
いつもの事ながら、この時間ってキライ。
勝手に涙は出るし、ハナはタレるしで、ほんとイヤだった。
そうそう、先生がご挨拶に来てくれた。
これは初めての事で、ちょっとビックリ。
前回先生になかなか会えなかった事に不満爆発だったから、ちょい怯えてるのか!?
(先生、どうなんですか!? もしや、ビビってらっしゃる!?/滝汗)

7時20分頃、浣腸。
7時45分頃、導入剤服用。
8時25分頃、病棟出発、手術室へ。


手術室に到着すると、ナツはまた起き上がって手術室チェック。
薬が効いててヘロヘロなのに、なぜか必ず手術室の内部をチェックする。
どうにも気になるらしい。(でも今回はオペ室内を確認できたらしい)

病棟のナースからオペ室のナースへの申し送りが終わり、ナツとしばしお別れ。
手を振ってるナツを笑顔で見送るのは、かなりキツい。
も〜涙出るから早く連れてってくれ!!といつも思う。


ナツを送り出してからは、家族休憩室で待ってた。
(実は一番最初に腹ごしらえに吉野家行って定食食べたけど。しかも特朝定食♪)

その後本を読んだり、(恩田陸の『パズル』短くて1時間持たなかった)DS(おさわり探偵小沢里奈2)したり。


12時過ぎくらいかな?
休憩室にナース登場。

『サクライさん。担当医からお話があるそうですので、手術室までご一緒に』

頭、まっしろ。
開始から約3時間、前回はもっとずっと時間かかったし、何かあったって思った。
一緒に待ってた旦那も「何かあったってこと…?」
私は「こんな風に言われるの初めてだし、そうかも…」と返答。
一緒だった父だけ「手術終わったのか〜」 ……のんき。

胸が鉛を飲んだように重くて、苦しくて、心臓ドキドキして、辛かった。

手術室につくと、先生がレントゲンを手に、待っていた。
『今ね、手術が終わりまして…これがレントゲンですけど、ここの部分を1センチくらい延ばして…。無事問題なく終わりました』

無事終わってんの!?
オイオイオイ、驚かさないでくれよ〜ッ!!(号泣)
なんでいつもみたいに終わりました〜って予備に来てくれなかったの!?

これはもしや、前回先生になかなか会えなかった事に不満爆発だったから、しかえし!?
(先生、コレもどうなんですか!? し、しかえし…!?/どきどき;)


その後、12時40分くらいかな、病棟に戻る。
今回も『喉渇いた〜〜〜』と既に手術室から泣いていた;
水飲ませろだの氷くれだの、とても術後とは思えないうるささ。
安心したけど、それにしてもこの娘は…(><)

ナースの説明、最初は『15時30分から水分取っていいよ』 との事だったけど。
後ほど『ごめんね、18時からだって』
ナツ、が〜〜〜〜〜ん。

できれば確認キッチリしてから伝えて欲しいよ…;
ナツは子供ですから、期待しますから(ーー;)
この後も
『氷はすぐあげられる』→『ごめんね、氷ができてなかった』
サクライ「氷、まだですかね」 『今確認してきます』→放置プレイ

最終的に氷もらえないまま、18時を迎えましたよ…。


この日は食事はストップ。
翌日の昼から全粥で開始とのこと。
でも朝にヨーグルトとかプリンならOKと言われたらしい(先生にね)

体位変換を積極的にしたり、ナツは相変わらず傷に関する痛みは一切訴えない。
……ナンデ??
痛くないんかい!? といつも思う。

痛くないそうですよ、奥さん(爆)

その後、身の回りを使い勝手良さそうに片付けてから、7時に旦那と帰宅。
(そういえば、旦那も付き添ってたんですよ;)

何はともあれ、ナツ、お疲れ様でした☆

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです(*^^)v
成功おめでとうございますw
って!!いつの間に!って感じで少しビックリしましたが・・・。
こっちはとうとう、夏休みが終わってしまいました(^_^;)
http://blog.livedoor.jp/hpasuhp/
あじゅ
2007/09/14 23:48
初めまして。こんにちは。
手術の成功、おめでとうございます。
本当に、ナツちゃん、よく頑張ったね!えらいです。
ナツちゃんは、おいくつですか?(すみません。全部読んでいないので。)
先日、友人のお譲さん(息子と同じ中学1年生。)が、アメリカで12時間の大手術を受けて帰ってきました。

信じられないくらいまっすぐになっていて、本当に感動しました。怖かっただろうに、本当によく頑張ったと思います。

詳しい病名は聞いていないのですが、たぶん、先天性先天性側湾症だと思います。あばらも2本くらい少ないと言っていました。
生後何ヶ月かで異変に気づき、1才半のときに、ハワイで1度手術を受けたようです。
上体をまっすぐ(もちろんまっすぐにはなりません。)に保つため、いつも腰が斜めになって、片足があがっていましたが、中学生になるまでは、検診程度で、特別な装置や治療はしていませんでした。


daisy
2007/09/16 15:28
(続き)
体も小さくて140cmくらい。でも、女の子なのに、サッカーや野球が大好きで、いつも走り回っているし、負けず嫌いで、運動会でもマラソン大会でも常に上位。ボーイッシュなハーフの女の子です。(日本人のお母さん、お父さんがアメリカ人)
たまたま、彼女は運がよく、世界一の先生の執刀を受けることができたのです。口頭で聞いたので、詳しい手術の方法は分からないのですが、背骨を組み替えたとか言っていました。
日本では、とても考えられないのですが、8月30日に手術を受け、5日後に退院、特にリハビリも無く、2週間後の9月13日、14時間飛行機に乗って帰国。翌々日、学校にも1時間だけ出席したのです。
3〜4ヶ月ほど、体を90度以上に曲げてはいけなくて、荷物ももてませんが、1年後には運動もできるようになるそうです。


daisy
2007/09/16 15:30
(続き)
手術の跡も、見せてくれたのですが、縫合は、勿論溶けてしまう糸で、抜糸の必要が無く、傷口はテーピングのみで、とても綺麗でした。

一気に7cmも、上半身が伸びたのですが、もともと足が長かったので、少しも気になりません。上半身は、多少の成長に対応するチタンのバーを背骨に入れているそうですが、身長は、多少足が伸びるくらいで、最終的に150cmくらいだろうということです。女の子なので充分ですね。
これが、最後の手術だそうです。

日本でも、早くそういう手術が受けられるようになることを祈っています。

子供の回復は早いですね。
ナツちゃんの無邪気にプリンをほおばっている姿が目に浮かびます。

お大事に・・・
daisy
2007/09/16 15:30
手術無事成功おめでとうございます!
本当に良かったですね。
手術室に入る前や、思ったより早く出てきた時の事、私も全く同じ気持ちでした。今思い出しても涙が出ます。
うちの場合、2回目が簡単な手術だったため、本人も油断したのか、無理をして(ゲームとかw)大手術だった1度目より、細菌の多さを示す数値が高くなって熱が続いた事もありました。

お母さんも、安心した頃気が抜けて調子崩したりするので、どうぞお大事になさって下さいね!
miha
2007/09/16 16:39
あじゅちゃん>ちょっとご無沙汰しちゃってたね、元気かなっ?
お陰様で無事手術終了しました☆
あじゅちゃんは夏休み終了かぁ〜。
まだまだ残暑も厳しいから学校もキツイね;
でもでもオイシイものいっぱい食べて、体力つけてファイトだよっv
サクライ@管理人
2007/09/16 19:58
daisyさん>初めまして、コメントありがとうございます☆
お陰様で無事手術終了して、早くも15日に退院しました。
ナツは現在9歳、小学校4年生です。
先天性側湾症なので、お友達のお子さんと一緒ですね(^^)
手術は子供本人にも家族にもつらいものですが、少しでも症状がよくなれば…と思います。
日本でも海外の側湾症治療方法など情報交換はしているようですが、新しい術式だとなかなか認可されないようです。
そうなると日本で同じオペを行う事は難しく、保険適用外になるので、医療費も高額になります。
国内で受けられる最高の治療法…という事で、ナツは現在の手術を受けていますが、良い治療法を伺うとやはり心は揺れますね(^^;

今後側湾の治療がより良い物になる事を祈らずにはいられません。
ありがとうございました☆
サクライ@管理人
2007/09/16 20:09
mihaさん>お陰様で無事手術も成功し、退院しました☆
まだ抜糸も済んでいない状態での退院なんですがね;

うちは今回で3回目ですが、2回目・3回目とロッドの延長なので、1回目のロッドの固定ほど大手術ではないので、ちょっと油断してました。
お陰で術後の一言にドキッとしちゃったんですが…;

ナツも2回目の時は高熱が続いて大変でした。
本人、痛みと熱に強いので普通に過ごしているのに、気付けば39度とか…(−−;
今回は熱も軽く済んで、スピード退院でした。
このまま木曜の抜糸まで何事もなく過ごせるといいな〜と思います(^^
ありがとうございましたv
サクライ@管理人
2007/09/16 20:15
お陰様でこっちは元気です(*^^)v
秋学期から土曜日も講義になってしまい、なんだかなーって感じです(笑
あじゅも今週内科の一カ月定期検診ですw夏休み中行かなかったら、とうとう病院から呼び出しがかかってしまいました(笑
実家までその電話が追っかけてくるんですよ!!全く;;

最近ふっと思うんですがね。。。ナツちゃんが手術を受けられたとか聞くと、自分結局手術受けなくてよかったのかなって。
ナツちゃんくらいの時は、手術=死んじゃうって幼ながら連想していつ行う事が決定するか怖かったんです。
でも、おっきくなった今受けていたら今普通の生活が送れていたのかなってー・・・。
まあ、その時肺活量が足りなかったので結局できなかったんですがね(^^ゞ
あじゅ
2007/09/17 01:03
あらら、土曜日も授業はイヤだねぇ〜;
小学校もゆとり教育廃止の動きで今後どうなる事やら…(−−;

今週定期健診かぁ〜。
でも病院マメだね(笑)
うちは行かなくても大学病院だし、普通にスルーされそう;
気にかけてくれるうちが花☆と思って、頑張ってきてね♪

手術に関しては、するのとしないの、どっちがいいのか正直わからないね〜…。
ナツも今しとかないと!って言われてしたものの、将来的にどうなっていくかはわからないしね。
しない方がいいって言う人もたくさんいるし、した方がいいって言う人もいる。
でも、答えは出ない気がするね。
あじゅちゃんも色々と考えちゃうだろうけど、まだまだ答えは出ないと思うよ。
あじゅちゃんが今後もっといい治療法に出会う事だってあるだろうしね(^^)
まだまだこれからだよっ♪
サクライ@管理人
2007/09/18 18:52
小学校もゆとり教育が廃止されるんですか?!
じゃあ、昔みたいに月に2回位土曜日登校とかあるんですかねぇ?
どっちにしてもゴタゴタして嫌ですねぇ〜;

手術は、多分これで突然進行しなければ一生ナイ気がします(^^;
骨の成長が止まっちゃったみたぃです(;一_一)
まあ、19歳ですからね〜
あじゅ
2007/09/20 00:05
土曜日行くようになるかはまだわかんないけど、土曜日行くようになると旅行とかは行きにくくなるね〜(^^;
ナツはものすごく嫌がってるよ〜;(勉強ダイキライ娘)

そうだね、手術は進行しなきゃしないもんね。
でもそれが一番だよ〜。
したらしたで色々とあるみたいだしね;(ナツ曰く)
サクライ@管理人
2007/09/21 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
延長手術2回目・報告 二分脊椎&先天性側彎症・治療日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる